エム・アイ・シー試験相談センターのケアマネジャー合格システム

ケアマネジャー合格システム(通信講座)

  • トップ
  • ケアマネジャー合格シス
  • 3WAY方式
  • CD講座
  • DVD講座
  • 4段階模擬テスト
  • パーフェトコース
  • 受講料
  • 受講生の声

受講資格について

2018年のケアマネジャー試験から受験資格が変更されます。
無資格で介護等の実務経験だけでは受験できなくなりました。
受験資格は、下記表で確認してください。

受験資格

資格・業務 主な要件 従事期間
法定資格 医師・歯科医師・薬剤師・助産師・看護師・准看護師・保健師・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士 保健・医療・福祉に関する資格に関わる実務に5年(900日)以上従事
相談援助業務 生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
主任相談支援員
相談援助業務を特定の福祉施設・介護施設・障害者施設などで5年(900日)以上従事

法定資格を保有している場合

ケアマネジャー試験を受験するには、保健・医療・福祉に関する法定資格を取得し、その資格にかかわる実務に従事することです。
実務内容は医師や看護師として医療系の業務、保健師や栄養士として保健系の業務、社会福祉士や介護福祉士として福祉系の業務を行うことが必要です。

この他にも受験資格となる法定資格があります。
詳しい内容は各都道府県で確認できます。

実務期間については、保健・医療・福祉に関する法定資格を持った上で「資格に基づく業務」に5年(900日)以上従事していることが必要です。
5年以上従事しても日数が900日未満の場合は受験資格とはなりません。

相談援助業務に従事している場合

デイサービスなどに配置されている生活相談員や介護老人保健施設などに配置されている支援相談員、障害者施設などに配置されている相談支援専門員として、要介護者などの相談業務を行うことが必要です。
また主任相談支援員として生活困窮者自立支援に関する事業の従事者として勤務している人も受験可能です。
実務期間については生活相談員・支援相談員・相談支援専門員・主任相談支援員として勤務し、相談援助業務に5年(900日)以上、従事していることが必要です。

実務経験の証明

試験を受けるには、通算5年(900日)以上の実務経験が必要です。
この実務経験を証明するためには、「実務経験証明書」を添付します。
試験出願を予定している人は、勤務していた、もしくは勤務している事業所や施設に実務経験証明書の発行を依頼することになります。

実務経験証明書は自治体の指定した様式であること。
証明権限を有する人(法人代表者・施設長・事業所長など)が記入したものであること。

  • 受講料
  • 受講生の声

資料請求